haus 唯一無二の家

寺本 貴一この国にはデザインがあふれています。自動車や家電、アパレルやスポーツ用品、文具や書籍、食料や飲料のパッケージやラベル、それこそ子供のいたずら描きに至るまで、そのデザインは例外なくオンリーワンのストーリーを奏でています。

こんな素敵な国に暮らしてきたあなたは、いつの間にか素晴らしい審美眼を身につけています。だから、本物と偽物を本能的に見分けることができるのです。しかし、その審美眼、こと「家」となると何故か曇ってしまう人が多いのです。将来何十年にもわたって住み継ぐのを前提としている高額な買い物、失敗は許されない……さすがのあなたの感性も混乱をきたし、どうしていいかわからなくなってしまうのかもしれません。

そういった様々な家の悩みを解決するには、やや高額にはなりますが、思い通りにつくることのできるフルオーダーしかないと、あなたは考えてしまうかもしれません。いわゆる注文住宅。しかし、私たちはこう考えます。「注文住宅とは、あなたの家を設計、デザインする人の能力次第で、輝きもすれば家族の愚痴の温床にもなる」と。「新築ブルー」という言葉で表現されるように、設計者との打ち合わせの段階であれもこれもと考え過ぎ、結局、迷路に迷い込んでしまう……そんな人もでてくるわけです。

私たちが提唱するベストな家には四つ条件があります。
(1)家族の暮らしの質を上げる家であること (2)唯一無二の個性的な家であること (3)経済的な負担を軽減する安価な家であること (4)斬新に見えても、どこか懐かしく感じるデザインの家であること

私たちが展開する「haus」シリーズは、この四条件を満たす家です。建て売り住宅ですので、あなたと出会う前に設計デザインは終わっていますが、あなたとあなたのご家族のライフスタイルを真剣にシミュレーションしてつくっています。売るための家ではありません。住むための家、住まうほどに感動がにじみ出てくるような家です。
そして、「haus」シリーズのもうひとつの顔、それがリノベーション。ユーズドの住まいをリ・デザインした住宅です。どの分野の商品でも、最新が必ずしも最良ではありません。ヴィンテージカーやヴィンテージジーンズ、ヴィンテージバッグ、ヴィンテージ家具………。本物は時が経つほどに輝きを増します。家も本来そういうものなのです。スタイリッシュなデザインを纏うことにより、その家はヴィンテージへと昇華します。

「haus」シリーズのどこかの現場で、「これこそ私のための家だ!」と、あなたが膝をうち、全身に力がみなぎり、喜んでいる姿を夢見ながら、1現場1現場、大切に家づくりをしていきたいと思っています。

ABOUT US

プライバシーポリシー